ニュース news

2024.05.09
ピックアップ

社員インタビュー ~マーケティングプランナー編~

社員インタビュー ~マーケティングプランナー編~

さて、今回はマーケテイング部門のI.Hさんにお話を伺おうと思います!はじめに自己紹介をお願いします。

こんにちは、I.Hと申します。テクロスのゲーム開発部マーケティング部門に2023年に入社しました。お客様にタイトルを知ってもらうための情報発信などを行うマーケティングプランナーとして働いています。

テクロスへの入社理由

中途入社とのことですが、学生時代からテクロスに転職するまでどういった経緯があったのか伺ってもいいですか?

中学生頃からゲームが大好きで漠然とゲーム業界に憧れを抱いていました。初めに就職したのは全然違う業界だったのですが、エンタメ業界に足を踏み入れたいと思い、声優の養成所に通ったりトレーディングカードの販売員として働いたりしました。その後、元々憧れていたゲーム業界に挑戦したいという夢が大きくなり、テクロスにご縁をいただいたので入社したという経緯です。

たくさんのご経験を経て入社されたんですね!転職活動をしていたときのテクロスの印象はどうでしたか?

僕は元々美少女ゲームが好きで、美少女ゲームを手がけるゲーム会社を中心に転職活動をしていました。テクロスは女の子の「カワイイ」を追求している会社です。転職活動を進める中で、僕が持っている「カワイイ」の観点をテクロスの「カワイイ」と合わせることで、これまでになかったコンセプトやキャラクターを生み出せるのではないかという期待感がありました。また、テクロスの公式サイトに載っていた「チャレンジをしよう。変化し続けないと衰退する。失敗のない安定はマンネリで、価値はない。」という文言にとても惹かれたのを覚えています。自分のやりたいことが実現できたり、挑戦による成長の機会が多そうだと思いましたね。

仕事内容について

実際にテクロスで働き始めてどうでしたか?マーケティングプランナーとして入社されたと思いますが、最初どんな業務を担当されたのでしょうか?

最初は慣れないことも多かったですが、憧れていたものに仕事として関われることにワクワクしました。最初に任された仕事はホームページやSNSの更新だったのですが、ゲーム会社の裏側を見られたような気持ちになって嬉しかったことを覚えています。

チームにマーケテイングプランナーは5人ほどいるのですが、僕は生放送やリアルイベントの企画運営、グッズ制作、他社さんとのIPコラボの窓口などを担当しています。前回実施した時のフィードバックを参考にしたり、新しいアイデアを取り入れたりしながら、より良いものをユーザーの皆さんにお届けできるようがんばっています。

これまでの業務で大変だったことはありますか?

入社して3,

4か月経った頃に業務量がぐっと増えたタイミングがありまして、それまでの業務を行いつつ新しいことを覚えないといけなくて大変でした。そのとき部門内はもちろんのこと、部門外の先輩方にも「最近大丈夫?」とたくさん声をかけていただいたんですね。先輩方に色々と相談に乗っていただいたり業務を手伝っていただいたりして、なんとか乗り切ることができました。

部門外の方にまで声をかけてもらえるというのはすごいです。先輩方の力も借りながら力をつけて来られたと思うのですが、一番やりがいを感じた仕事はなんでしたか?

入社して1,

2か月経った頃にYoutubeやニコニコ動画で配信されている生放送の企画を任されたのですが、それが実際に放送されたときは「自分の企画がこんな形で実現するんだ」となんだか不思議な感覚でした。その後じわじわと感動する気持ちが出てきて、モノづくりのやりがいを感じましたね。生放送はYouTubeの動画としても残っているので、今でも時々見返したりしています。

なるほど、自分の企画が形になるのはきっと感慨深いでしょうね。実現するまでに難しかったポイントはありましたか?

企画を作る時に自分が持っているイメージを伝えるのが難しいと感じますが、先輩方と話し合いながらお互いのイメージを共有して、最初の企画段階からさらに良いものに作り上げていくという過程がすごく楽しいですね。マーケティング部門では、プランナーがバナーや広告のキャッチコピーの企画案を作って、デザイナーがそれを実際のバナーや広告にしてくれることが多いのですが、企画のコンセプトや意図が相手にどうやったら伝わるかを考えながら、決してうやむやにせず、言葉でちゃんとすり合わせることを意識しながら仕事をしています。

今の仕事で気に入っているところはありますか?

キャッチコピーを考えたりするのはすごく面白いですね!先輩方が作ったキャッチコピーを見て「この人はこういう考えなんだな」と思ったり、上手い言い回しだなと感心したり、面白い仕事だなと思います。この業務を始めてから、身の回りにある広告なども目につくようになってきて、見える世界が変わってきたと感じますね。

なるほど、確かにそういったお仕事をされていると言葉の感覚が研ぎ澄まされていくんでしょうね!

チームの雰囲気

先程からお聞きしていると、先輩方やメンバーとのコミュニケーションがしっかり取れていて働きやすそうな職場だと感じます。チームの雰囲気はどうですか?

社内の雰囲気はとてもいいなと感じます。チームメンバーが入社して日の浅い僕の意見を聞き出してくれたりすることも多く、一人一人の意見に耳を傾けながら皆が同じ目標に向かっていける環境があります。例えそれが反対意見だったとしても声に出せる雰囲気ですし、意見が採用されなかった場合はメンバーがきちんと理由を説明してくれるので納得できます。思っていることを素直に言い合いながら、お互いが切磋琢磨していける職場だと思います。

働きやすさ

話が変わりますが、福利厚生などの制度面でよく使っているものなどはありますか?

プロジェクトの忙しさなどを考えながらですが、有給休暇はしっかり取っています。時差出勤が浸透しているので、自分の体調と相談して出社時間をずらすこともあります。個人の働きやすさを尊重してくれる会社だと思います。

今後の夢や目標

今後、仕事をしていく中で挑戦してみたいことはありますか?

美少女ゲームをもっと知ってほしいという大きな夢を持っています。書籍や動画では表現できない美少女ゲームならではの面白さがあるので、それをもっとたくさんの人に知ってほしいです。僕は中学生の頃にある美少女ゲームを始めたのがきっかけで好きになったのですが、正直それまでは美少女ゲームはオタクがするものだと勝手に決めつけていたんですよね。でも実際にやってみると、ゲームとしての面白さのレベルが高くてびっくりしたんです。ストーリーもキャラクターの魅力を引き出すような設定や泣ける展開が用意されていて、他のゲームもやってみたくなりそれからどんどんハマりましたね。今は作画やゲームとしてのクオリティもますます高くなっていますし、美少女ゲームをやったことのない人に本当におすすめしたいです。

お休みの日の過ごし方

すごい熱意ですね!お休みの日も美少女ゲームをされるんでしょうか?

そうですね、美少女ゲームをすることもありますし、ゲームショップに行って店員さんに流行りのゲームを聞いたりもします。対面でカードゲームをするのも好きなんですが、対戦者の方に最近ハマっているゲームや漫画を教えてもらうこともありますね。SNSで情報収集することが仕事上多いのですが、実際に意見を聞く方がいいなと思っていて。その方の話している表情が見られますし、情報を深堀りしたり関連情報を聞いたりすることもできるので、直接聞くことは大事だと感じます。

応募者へのメッセージ

最後に、テクロスに応募する方へのメッセージをお願いします!

テクロスは「カワイイ」の追求を掲げてしっかりゲームを作っている会社です。同じ目標に向かってカワイイを生み出せていける方と一緒に仕事ができれば嬉しいです!